恋は女性らしさに欠かせない

女性は恋をすると、綺麗になるといわれますよね。
それは相手のために美容意識が高まり気を配ることも事実ですが、体の内側らも確かな作用があるそうです。
恋をするとフェニルエチルアミン・エストロゲン・ドーパミン・オキシトシンという恋愛ホルモンが分泌されます。
恋の病の正体とされるフェニルエチルアミンは、やる気を起こしたり消化促進効果からウエストがくびれたりします。
鎮痛剤に使用されるモルヒネ・チョコ・チーズに多く含まれている軽い麻薬のようなもので、チョコが媚薬といわれる理由となる成分です。
女性らしい体にかかせないエストロゲンは、胸・体つき・肌のキメや美白への作用があります。
心地よい・嬉しいなどの快楽ホルモンであるドーパミンは、相手を喜ばせようと努力したりデート前に支度を張り切ったりするために必要だとされます。
母性ホルモンであるオキシトシンは、愛情と信頼のために不可欠な成分。
性的刺激で多量分泌され、優しい気持ちや社交性を生むとされます。
しかし分泌し過ぎると、恋に溺れてしまうそうです。
恋愛は心もそうですが、体も反応しているんですね。