恋愛することで綺麗になる

恋をすると女性は綺麗になると言われていますが、それは「恋愛ホルモン」と呼ばれるホルモンが影響しています。
脳内にあるホルモン、ドーパミン・エストロゲン・オキシトシン・フェニルエチルアミンが、恋をすることによって活性化され、多量に分泌されることによって綺麗になります。
ドーパミンは、快楽ホルモンと呼ばれており、相手を喜ばせる努力をしたり、自分自身を美しくさせようという意識が自然と高ます。
また、興奮状態が起きるため、交感神経が刺激され、瞳孔が大きくなり目力もアップし、頬もピンクに染まり、自然と女性らしい顔つきになります。
エストロゲンは、ウエストがくびれる・胸が大きくなる・肌のキメが細かくなるなど、女性らしい体や肌を作るために不可欠なホルモンです。
オキシトシンは、女性ホルモンの一種で、意識しなくとも振る舞いやしぐさが女性らしくなり、社交性が高まるため潤滑にコミュニケーションができるようになります。
フェニルエチルアミンは、やる気物質と呼ばれており、高揚感を与え、気持ちを前向きにさせる作用があります。
このように、恋をするだけで自然と綺麗になっていくので、恋愛は最高級の美容液と言えます。